PS5の値段は、やっぱり高くなる? みんなの予想値段は、いくら?

スポンサーリンク
話題・ニュース

PS4が6周年を迎えておめでたい中、去年辺りから話題になってるPS5ですが値段について新たな情報が流れてました。

スポンサーリンク

PS5の製造コストはPS4のより高いらしい

PS5の製造コストはPS4のより20%高い450ドル、「PS VR2」(仮)発売か──Bloomberg報道
ソニーが年内に発売する予定の次期ゲーム機「PlayStation 5」(PS5)の製造コストは約450ドルだと、Bloombergが報じた。PS4と同等の粗利益を得るには販売価格を最低でも470ドルにする必要があるが、同時期発売の「Xbox Series X」次第だろう。

現行モデルの「PlayStation 4」(PS4)の製造コストは米調査会社IHS iSuppliによると381ドルで、PS5でPS4と同程度の粗利益を得るには販売価格を最低でも470ドル(約5万1600円)に設定する必要がある。

製造コストの面から考えると利益を出すには、販売価格を最低でも450ドル(約5万1600円)にする必要があるみたい。
アレコレ噂だけ聞いて何の根拠もなく「PS5は、6万くらいじゃねーの?」のと思っていたのでソース元の記事にかかれている最低450ドル(約5万1600円)なら個人的には、安い印象。

ソニー、次世代ゲーム機PS5の価格設定に苦慮-部品価格が上昇
ソニーの次世代ゲーム機「プレイステーション(PS)5」の製造コストは、部品価格上昇を受け、450ドル(約4万9000円)前後になる見通しだ。競合の米マイクロソフトへの対応もあり、販売価格の設定に苦慮している。情報が公開されていないため、事情に詳しい複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。

関係者によれば、ソニーはゲーム事業の主軸を年末商戦期に発売予定のPS5に徐々に移行したい考え。従来、発売する年の2月ごろに本体価格を決定し春から量産するが、PS5の場合は同時期に発売されるマイクロソフトの新型機の動向を見極めながら価格を決定する。また仮想現実端末「PSVR」の次世代機もPS5の発売後に販売する見込み。

部品の価格によってハードの値段も上下すると思うので正式に発表されるまで何とも言えませんがマイクロソフトの新ハードの動向を見極めながら価格を決定するみたい。

歴代プレイステーション発売時の価格

PS1~PS4までの発売当時の価格は、以下の通り。

プレイステーション(無印)
39,800円
プレイステーション2
39,800円
プレイステーション3
59,980円(60GBモデル)
49,980円(20GBモデル)
プレイステーション4
39,980円

6万までいくとPS3の60GBモデル級の値段になりますね。
5万円くらいならPS4より少し高いくらいなのでそこまで高額って感じには、ならなそう。

この話題の反応

6、7万行くのかなぁって思ってた
Ryzenの3世代ベースに作るのであれば値段698〜898あたりだと思うけどどうなんだろ?
PS5が5万だったら安いスタートじゃね?

ネガティブな意見より「思ってたより安い」と言う反応のほうが多かったです。
まだ正式な発表は、されてませんが性能が高いと噂されているだけに5~6万くらいは、覚悟している人が多いみたいです。

ブログ運営者
よもひろ

ゲーム・アニメ・マンガが好きな社会人。
SNSは、TwitterとInstagramをやってるのでフォローよろしくおねがいします。

よもひろをフォローする
話題・ニュース
シェアする
よもひろをフォローする
まげとぴ